夫の後押しで試みる不妊治療!希望の光のクロミッド

クロミッドの効果

近年は妊活や不妊治療など、子供を作るための運動が以前よりも盛んに取り上げられている気がします。
現代の労働状況や不況のことを考えると、なかなか妊娠に踏み切れなかったり、ストレスが多い社会の中にさらされていることから妊娠しずらい体調になってしまっている人が多いのかもしれません。

生き物すべてには、種の存続のために必要な機能が備わっています。
私たち人間にも、男性には精子という遺伝子情報が含まれた細胞を持ち、女性は卵子というその遺伝子を受け取り細胞分裂を繰り返して一つの人間の元を作り出す細胞を持っています。
この二つが合わさらなければ人間は作られません。そして、合わさるためには女性の体内にある卵子に精子を届ける必要があります。

この卵子は、女性が生まれた時から持ち合わせていて、数が限られています。
その為、発育などの状況は、女性の体調に大きく左右されてしまいます。
本来、妊娠をするために必要な卵子が、十分に卵巣内で熟成できず、排卵日に排卵しないという場合もあり得るのです。
そうなると、精子が体内に入ったとしても結合先である卵子が存在しないため、妊娠に至ることができません。

その為にも、排卵誘発剤であるクロミッドは大きな手助けをしてくれます。

クロミッドは、卵巣内にある卵胞と呼ばれる卵子を包んでいる細胞で、この成長を促します。この卵胞が十分に成長しなければ、卵子を排卵日に放出できないのです。
そして、卵胞から卵子を放出しやすくするためのホルモンを提供することで、間違いなく卵子を精子と出会う卵管に放出させます。
これが、排卵誘発剤の効果になります。

この誘発剤を使うことと、排卵日がいつ来たかをチェックする排卵検査薬を使うことで排卵日を確認し、それに合わせて性行を行うことでより妊娠の確立を上げることができます。

この薬の効果はかなり大きく、この薬を使うことで妊娠できたという声も多々見受けられます。
また、不妊治療で一番最初につかわれる方法がこの薬を使った方法というだけあって、信頼性も高いといえるでしょう。

今の時代、子供を作らないという選択も多くされている人が沢山います。
それが経済的な問題なのかどうなのかは別としても、人間が生物として託された指名が誰にでもあるということは忘れてはならないかもしれません。